FC2ブログ

38年前のマリンダイビング誌!!

2014001.jpg

先日ヤボ用で銚子の実家に行ったら

38年前のマリンダイビング誌

を見つけてきました。


1976年9月発行第43号

今年の4月号が通算574号・・・。

40年以上続いている雑誌なんですね(スゲー)。



その当時おいらまだ21歳!!(笑)


2014 001

サイズも今より小さくA4位かな?

厚みは9月号にも関わらず

2014年4月号の半分くらいです。


2014005.jpg


中を見てみるといきなり大変な記事が・・・!

なんと真鶴が潜れなくなるとか、ならないとか。




そんなのどうだっていじゃんって思いますよね、




ところがこの当時、伊豆界隈で潜れたのは

この真鶴と伊豆海洋公園、雲見の3ヶ所だけ。

今でこそ伊豆半島のダイビングポイントは

20何か所かありますが、その当時は

3ヶ所ですよ、たった3ヶ所!!


しかも真鶴は東京から一番近く、

週末になるとダイバーが150人から200人位は

いつもいた、大人気ポイントでした。

ここが潜れなくなったら大変だったのです。




この当時ダイビングといえば魚突き!

2014004.jpg

当時は全然知りませんでしたが、

6年後においらが働くことになる

このお店の広告もトップは水中銃ですもんね!

真鶴は魚突き禁止だったと思いますが、

隠れて魚を突いていた連中と

漁師さんとのトラブルが絶えなかったのでしょうね。



関係者の努力で、潜水禁止は免れたのですが

三っ石や石切り場といったグッドポイントは

潜水禁止となり、真鶴のダイビングポイントは

琴が浜の一部だけとなってしまいました。



この出来事を期に、時代は”魚を取る”から

”魚を撮る”に

大きく方向変換していったような気がします。


2014006.jpg

のちに超有名になるSEA&SEAも

まだ創業して数年、ロゴも一番最初のもの。



水中写真グッズを扱うメーカーも

まだあまりありませんでしたね。



当時唯一、一般ピーポーに手が出る水中カメラが

このニコノスでした。

これはニコノスのⅢ型ですね!

レバーシャッターの最終型です。

201403 001

SEA&SEAはこのニコノスで使う

ストロボや接写装置を主に販売しておりました。

おいらも、もう欲しくて欲しくて!!

ニコノスⅢ型とSEA&SEAのストロボを

買った時には、超嬉しかった覚えがあります。


まぁ大した写真は撮れませんでしたが・・・(^_^;)




いやぁ、懐かしかったので、

ついついブログ書いてしまいました。



Powered by FC2 Blog

Copyright © FIZ BLOG All Rights Reserved.